沖縄メンズ脱毛で知っておきたい知識

メンズ脱毛はここに注意!施術を成功させるための注意点や肌ケア方法を解説!

メンズ脱毛を受ける際、施術自体はサロンやクリニック側で行ってもらえるので安心です。
ただ、実際にはサロンやクリニックだけでなく、普段から自分自身で気をつけなければならない点が実は多くあります。

 

これを怠ると、肌トラブルの原因となったり最悪の場合は施術が断られるケースもあるので注意が必要です。
では、施術を成功させるためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか?
ここでは、メンズ脱毛施術の注意点や、肌ケアの方法について解説します。

メンズ脱毛施術はここに注意!4つのチェックポイントを紹介

メンズ脱毛施術を受ける際には、主に次に取り上げる4つのチェックポイントに注意すべきです。
これを守ることで、より安心安全に脱毛を行えます。

毛抜きは脱毛のNGポイント

自分自身で手軽に除毛できる方法として、毛抜きで抜くという方法があります。
確かに、毛抜きで脱毛すれば瞬間的にきれいになりますが、肌へのダメージは相当高いです。

 

また、光脱毛の場合はメラニン色素に対して反応して脱毛を行うのですが、毛抜きで抜いてしまうと反応するムダ毛が失われてしまうのです。
よって、脱毛を受ける際には毛抜きによる処理を行わないでください。

薬の服用は施術が受けられないことも

光脱毛時には、光に肌が敏感に反応することで赤みが出るだけでなく皮膚炎が発生するケースがあります。
この症状のことを、光線過敏症と呼ばれています。

 

光線過敏症になる要因としては、その日の体調もあるのですが薬との相性もあるのです。
これは薬剤性光線過敏症とも呼ばれているのですが、事前カウンセリングにおいて、服用している薬について聞かれることがあります。
これは、光線過敏症を回避するためであり、場合によっては施術が断られるケースもあります。

日焼けが強いと断られる可能性アリ

男性の場合、日焼けに関してはあまり意識していない方が多くいます。
ただ、サロンにおける脱毛において日焼けは大敵です。

 

日焼けした肌は、見た目ではただ黒くなっているとしか見えませんが、実際には紫外線のダメージを強く受けている状態です。
赤く火照って乾燥をしている状態が継続するのですが、この状態で脱毛すると肌へ深刻なダメージを与えかねません。
よって、日焼けしていると施術が断られるケースもあります。
ただ、SHR脱毛の場合は45~50℃程度の比較的低温で照射されるので、やけどや肌が赤くなるといった肌トラブルの心配がなく、日焼けしていていても施術を受けることが可能です。

金髪も脱毛施術が難しくなる

光脱毛の場合、メラニン色素と呼ばれる黒色の部分に光が反応して、脱毛を行ないます。
よって、金髪に染めてしまうと光が適切に反応しなくなり、脱毛が難しくなります。

 

これは、金髪だけでなく白髪や産毛など薄い色の場合でも同様です。
ただし、SHR脱毛の場合は肌の中に熱を蓄積させて毛包をターゲットにした脱毛方法となるので、金髪や白髪、産毛でも脱毛処理可能です。

脱毛当日も油断は大敵!メンズ脱毛前の3つのチェックポイント

施術を受ける当日も、油断は禁物です。
特に、以下3つのポイントに注意してください。

毛を剃っておく

脱毛サロンで施術を受ける際に、ワックス脱毛を除いて基本的に除毛しておくことが重要です。
毛抜きによる脱毛は厳禁であると解説しましたが、これはあくまでも毛根近辺の毛まで失われてしまうために禁止されているだけです。
シェービングするだけであれば、肌の中にムダ毛が残っている状態となり、問題なく施術を受けることができます。

 

逆に、ムダ毛が生え揃っていると光が適切に照射できないために、除毛しておきましょう。
サロンによっては、除毛していないと施術を断るケースもあるので要注意です。

体調と肌の調子を整えておく

施術当日は、体調を万全にして臨みましょう。
肉体的に大きな負担がかかる施術ではありませんが、肌が荒れていると施術後に炎症が起こる可能性があります。

 

肌も清潔な状態を維持して、シェービングした後に洗顔や保湿などを行ってからサロンに向かってください。

持病があれば診断書が必要な場合も

もし持病がある場合、包み隠さずサロン側に伝えてください。
場合によっては、診断書の提出が求められることもあります。

 

特に、ホルモンバランスとの関係も深い病気や、睡眠薬の服用が必要な病気、てんかんの持病がある場合は、施術が断られることがあります。
これは、サロン側としても万が一の事態を想定しての対応であり、それに従う必要があるのです。

メンズ脱毛は施術後も注意!脱毛後に控えたい3つの事柄

施術を受けた後は、長い施術に耐えたという充実感がある一方で、ケアしなければならないことが多々あります。
主な注意点としては、次の3つの事柄があります。

入浴やサウナは控える

施術後の毛穴は、赤みや熱を帯びていてデリケートな状態となっています。
その状況下で、体を温めて汗をかいてしまうと毛穴が広がり膚温が上昇することで、肌が汚れて刺激を受けてしまいます。

 

また、血行が良くなり、肌が乾燥するとかゆみを感じてしまい、ついつい掻いてしまうとよりダメージを受けてしまうのです。
よって、施術を受けた当日は入浴やサウナは控えるようにしましょう。

激しい運動はNG

入浴とサウナと同様に、激しい運動を行うことも厳禁です。
これは、体温が上がることで血流が良くなるというだけでなく、運動による発汗を避けるという点も重要です。

 

汗をかくことによって、脱毛のダメージで敏感な状況の毛穴に雑菌が入り込んで、炎症などのトラブルのもともなるので注意してください。

アルコールの摂取も当日は避ける

運動だけでなく、注意すべきなのが飲酒です。
飲酒すると、ただでさえ熱を帯びている肌が、より発熱してしまうことになります。

 

体温の上昇により、肌に赤みが出たり肌が荒れるなどのトラブルを引き起こす危険性があるので、当日の飲酒は避けましょう。

メンズ脱毛は肌のダメージも大きい!肌のダメージを低減する方法を紹介

メンズ脱毛は、サロン側で最大限配慮して施術が行なわれますが、それでも肌へのダメージがあるのは事実です。
そこで、肌のダメージを低減するために以下3つの方法を実践しましょう。

施術後は軟膏を推奨されることがある

脱毛の施術を受けた後は、軟膏を塗ることがサロン側から推奨されることがあります。
これは、施術直後だけでなく熱が帯びた状態が継続する数日間分の軟膏ももらうことができます。

 

これによって、炎症や毛嚢炎などを防止することができるのです。
指示された内容に従って、継続的に軟膏を付けるようにしましょう。

脱毛期間は保湿を必ずおこなう

脱毛期間中は、必ず保湿を行ないましょう。
保湿をすることで、肌に潤いが出て光が適切にメラニンに反応しやすくすることを促せます。

 

また、施術後は肌が乾燥しやすく、乾燥肌によって肌荒れが発生しがちとなるため、保湿することで肌トラブルを防止できます。
美しい肌を実現するためにも、保湿は欠差内容にしてください。

脱毛期間は日焼け止め必須!

脱毛期間中は、日焼けは厳禁ですので、日焼け止めは欠かさず行ないます。
もし日焼けした場合、数カ月間間をおいて施術を受けなければならない場合もあります。

 

日焼け止めは、汗などですぐに落ちてしまいがちですので、こまめに塗布してください。
また、なるべく日が当たらない場所にいたり、帽子などで露出を減らすというのも有効的です。

まとめ:注意点や肌ケアを理解してメンズ脱毛を成功させよう

メンズ脱毛を行う際には、様々な注意点があります。
また、施術前後だけでなく普段から保湿したり日焼けしないなどの配慮が必要です。
注意点や肌ケアをしっかり理解して、メンズ脱毛を成功させましょう。

 

沖縄北谷にある「SoWhat」では、男性スタッフオンリーのメンズ脱毛施術を提供しています。

沖縄で脱毛を検討している方は、お気軽にお問い合わせください!

 

SoWhatの脱毛を詳しくみる

 

↓LINEでのご相談はこちら↓

関連記事はこちら