沖縄メンズ脱毛で知っておきたい知識

ヒゲ脱毛は痛い?痛みの目安と痛みを感じにくいおすすめのヒゲ脱毛方法を紹介

人間の体の中でも、濃い毛が生えやすい部位として口周りがあります。
口周り周辺に生える毛のことをヒゲと言いますが、ヒゲは好みが分かれるものですよね。

 

うまく生やせばワイルドに見えておしゃれという印象がありますが、中途半端に生やすと不潔に見えることがあります。また、ビジネスシーンではヒゲはしっかり処理することが望まれます。
さらに、毎日のヒゲ剃りはかなり苦痛であり、解消したいという方は多いはずです。
そこで気になるのが「ヒゲ脱毛」ですが、ヒゲ脱毛を検討している方の中には、ヒゲ脱毛の痛みが心配な方もいるのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、ヒゲ脱毛に付きものとなる「痛み」について解説します。

メンズのヒゲ脱毛は痛い!どれくらいの痛さなのか

一般的に、メンズのヒゲ脱毛はとても痛いことで有名です。

 

ヒゲ脱毛の方法にはいくつかの種類があるのですが、医療レーザーや光を用いての脱毛が代表的です。
これらの脱毛では、光熱が発生することで痛みが生じ、場合によっては熱により軽くやけどしたような状況となることもあります。
その痛みは、よく「ゴムで弾かれるような痛さ」と例えられます。
部分的に叩かれたような痛みは、ずっと継続することはまれですが、瞬間的に強い痛みを生じがちです。

 

特に男性のヒゲは濃ゆい毛が密集しているので、より強い痛みを感じやすいといえます。

ヒゲ脱毛の痛みについて、次項で詳しく解説していきます。

ヒゲ脱毛はなぜ痛い?ヒゲ脱毛が痛くなる理由を解説

ヒゲ脱毛は、施術時に強い痛みを生じるのが定説となっていますが、さまざまな要因によって痛みの度合いが異なるのです。
主なヒゲ脱毛で痛みの度合いが異なる要因としては、以下があります。

肌質や毛量によって痛みが変わる

顔周りの皮膚は、部位によって厚さが大きく異なります。
皮が薄いのが口周りであり、特に唇周りはとても薄くなっています。

 

ヒゲ脱毛では、皮膚が薄い箇所にレーザーや光を照射するとより強い痛みを生じるのです。
また、ヒゲはムダ毛の中でも濃いという点も、痛みを増大させている要因の一つです。
さらに、密集しているために一回の照射で複数箇所において大きな傷みを生じます。

脱毛の種類によって痛みが変わる

ヒゲ脱毛には、主にレーザーや光を用いて行うと解説しましたが、主にメラニン色素に対して強く反応を示す傾向があります。
ヒゲは、より濃くてレーザーや光が強く反応するために、強い痛みを生じることになるのです。
また、熱ダメージも痛みを増大させている要因です。

 

瞬間的に光熱が発生することにより、痛みが発生します。
その威力は絶大で、特にレーザー脱毛の場合は照射した瞬間に焦げた臭いがするほどの光熱で施術することになるのです。
場合によっては、やけどしたような状況となり、痛みが継続することもあります。

ヒゲ脱毛の痛みが気になるなら要チェック!施術の種類による痛みの違い

脱毛の種類によって痛みが変わることを解説しましたが、痛みの度合いなどは施術方法によって微妙に異なります。
ここでは、施術の種類による痛みの違いについてより詳しく解説します。

医療脱毛の痛み

医療脱毛とは、医療レーザーを用いてヒゲ脱毛する方法です。

 

レーザーを照射すると、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えるのですが、具体的には黒色の色素に反応してムダ毛が脱毛できます。
熱によって発生するダメージもあるために、それを軽減するために照射後はすぐにタオルなどで冷却して痛みを軽減します。
また、笑気麻酔を用いて痛みを軽減したり、照射と同時に冷気を当てて痛みを感じる時間を短縮させるような施術法も開発されていますが、強い痛みを感じるのには変わりありません。

光脱毛の痛み

光脱毛は、医療レーザー脱毛と似ていて、皮膚に対して光を照射することで、毛根の働きを抑制する脱毛方法です。
医療レーザー脱毛と違い、永久脱毛ではなく減毛という位置付けで施術が行なわれるために、出力が弱いのが特徴です。
これによって、肌への負担が少ない脱毛方法であり、強い痛みは発生しません。
ただし、痛いことには変わりなく、軽くゴムで弾かれるような痛みが生じます。

ニードル脱毛の痛み

ニードル脱毛とは、毛穴にニードルと呼ばれる細い針を差し込んで、電流を流して毛根を破壊する脱毛方法となります。
ニードル脱毛には、主に以下のような種類があります。

 

  • 電気分解法
  • フラッシュ法
  • ブレンド法
  • 絶縁針脱毛

レーザーや光と違って、直接針を肌に刺して行う脱毛法であり、医師や看護師の資格がないと施術することは不可能です。
よって、クリニックでのみ施術を受けることができます。
針を刺すことによる痛みと、刺した後に電流を流す痛みが生じて、レーザー脱毛よりもより強い痛みに耐えなければなりません。

ヒゲ脱毛の痛みをできるだけ抑えるには?3つの方法を紹介

ヒゲ脱毛には痛みが付きものですが、それでも脱毛したいという方は多いはずです。
そこで、本見出しでは、なるべく痛みを抑えるための方法を紹介します。

 

痛みが苦手な方は、次の3つの脱毛方法にトライしてみてはいかがでしょうか。

SHR脱毛

SHR方式とは、レーザーや光脱毛と違って、メラニン色素ではなく毛を作る組織を含めて毛包全体に熱を連続で与えて蓄熱することにより、毛の再生を抑制する脱毛方法です。

 

肌にダメージを与えることがないので、痛みが少なく毛周期にも左右されずに施術間隔を短縮化できます。
また、日焼けしていても施術を受けることができますし、毛の色にも影響されることはありません。
エステサロンなどで使用されているRFも付属しているケースもあり、脱毛と同時に美肌も期待できるのが魅力的です。

「SoWhat」でもSHR方式の脱毛をご提供しております。

詳しく知りたい方はこちら

SSC脱毛

SSC脱毛とは、制毛効果があるビーンズジェルを肌に塗り、クリプトンライトを照射して浸透させて、制毛を図る脱毛方法です。
肌への刺激が少ないために、痛みが少ない施術方法として人気を博しています。
また、美肌効果も得ることが可能であり、女性だけでなく美を意識する男性にも人気です。

 

即効性という観点では効果は若干低く、ジェルを塗る時間が必要になるので施術時間は長めになりますが、痛みを軽減したい方におすすめです。

医療脱毛なら麻酔も可能

医療レーザー脱毛の場合、より強い痛みを生じるために、麻酔が用意されています。
麻酔の種類には、主に以下の4種類があります。

  • 笑気麻酔
  • 麻酔クリーム
  • 麻酔テープ
  • 静脈麻酔

一般的には、麻酔テープや笑気麻酔を用いて行うことが多いです。
静脈麻酔はより麻酔効果が高いですが、施術の数時間前から食事制限をしなければならないなどのデメリットもありますし、当然費用も生じます。

ヒゲ脱毛で悩んだらSHR脱毛がおすすめ

SHR

もしヒゲ脱毛でどの方法を用いればよいか悩む場合は、SHR脱毛がおすすめです。

 

サロンで施術を受けることができる光脱毛は、照射するパワーが弱いために痛みが生じにくくなっています。
また、毛根にアプローチするIPL方式と比較して、さらにSHR方式は痛みが少ないという特徴があります。
通常、毛根を破壊するために大きな出力が必要となるのですが、毛包に対してはさほど大きなエネルギーは不要であるために、必然的に痛みも抑えられるのです。

 

産毛や白髪でも脱毛できるのが魅力的で、若干白髪が混ざっている状態でも施術可能です。

まとめ:やり方次第でヒゲ脱毛の痛みはおさえられる!悩んだら無料カウンセリングもあり!

ヒゲ脱毛は、口周りの肌が薄く毛自体が濃いことで、他の部位の脱毛よりも痛みを生じがちです。
ただ、毎日のヒゲ剃りから解消されたいという場合は、ヒゲ脱毛は必須といえるでしょう。

 

施術方法としては、主にレーザーや光、ニードルなどがありますが、特におすすめできるのはSHR脱毛です。
SHR脱毛を実際に行おうとしても、不安に感じることがありますよね。
もし悩む場合は、気軽に無料カウンセリングしてみることをおすすめします。

 

沖縄北谷にある「SoWhat」では、男性スタッフオンリーのメンズ脱毛施術を提供しています。

沖縄で脱毛を検討している方は、お気軽にお問い合わせください!

 

SoWhatの脱毛を詳しくみる

 

↓LINEでのご相談はこちら↓

関連記事はこちら